1950年8月11日 Stephen Gary Wozniak生誕
1955年2月24日 Steven Paul Jobs生誕
 
1976年4月 Apple Computer Inc.(現Apple Inc.)設立
 
1976年 Apple I発売
 
1983年 Lisa発売
 
1984年 Macintosh 128K発売
 
1985年 Steven Paul Jobs,Appleから追放される
その後Steven Paul JobsはNeXT社を興す
 
1986年 漢字Talk発売
  

1993年 Macintosh Centris650(motorola 68040)
はじめて買ったコンピュータ.
一緒に13インチブラウン管モニターとLaserWriter Select300も購入した.

  
1993年 Newton発売(世界初のPDA)
 
1994年 QuickTake発売(デジタルカメラ) 
 
1994年 PowerMacintosh発売(AIM連合(Apple,IBM,Motorola)が開発したPowerPC搭載)
  

1994年 Macintosh Color Classic II(10インチモニタ,motorola 68030)
自宅にはCentris650,職場にはCCII.OSを漢字Talk7.5からMacOS7.6に変更する際マザーボードをPowerMacintoshのものと交換した.

     

1995年 PowerMacintosh7200(PowerPC 601)
MacのCPUにPowerPCが採用されたのをきっかけに購入した.その後OSも8になり,Sonnet社製のG3アップグレードカードを搭載して延命.
モニターもナナオのFlexScanの17インチに変更.

  
1996年 Steven Paul Jobs,Appleに復帰
 
1996年 Pippin@発売(ゲーム機)
  

1997年 PowerBook 2400c(10.4インチモニタ,PowerPC 603e)
初めてのノート.確かIBM製で日本のみでの発売であったと記憶している.重さも約2kgあった.

  
1997年 MacOS 8発売
 
1998年 iMac(初代)発売
  

2000年 PowerMac G4 Cube(PowerPC G4)
デザインは衝撃的だった.大きさ・形も今まで見たこともない.その後のコンピュータデザインに大きな影響を与えた.MoMaにコレクションとして所蔵されているのもうなずける.
合わせてStudio Display 17 inchを購入した.

  
2001年 MacOS X発売
 
2001年 iPod(初代)発売
  

2002年 PowerBook G4 Ti(15.2インチモニタ,PowerPC G4)
前年MacOS Xが発表された.時代はPowerPC G4だ.ノートも黒い筐体からチタニウムの筐体に,デザインも平面的なものに変更され,洗練された感じだ.

  
2003年 iTunes Music Store(現iTunes Store)発表 
  

2004年 PowerBook G4 Al(15インチモニタ,PowerPC G4)
筐体はチタニウムからアルミニウムに変更となった.

  

2005年 iPod(第4世代)
iTunesでの音楽ダウンロードのしやすさから購入した.それ以上に旅行先での写真のストレージとして期待していたが,結局ストレージとしては使うことはなかった.

  
2007年 社名をApple Inc.に改称
 
2007年 Apple TV発売
 
2007年 iPhone発売
  

2007年 Mac mini(IntelCore 2)
2006年からは“Intel入ってる”Macが登場.さらにOSも10.5となりBoot Campが搭載された.これでMacでWindows OSが走ることとなった.一方classic環境が使えなくなった.

  

2007年 iPod nano 3rd
iPodはやや大きくかさばる.さらに小さなプレーヤーが欲しくなった.
※サイズ:約70×52×6.5mm 49g

  

2008年 iPhone 3G(キャリア/ソフトバンクモバイル)
ついに日本でもiPhoneが発売された.一時Jailbreak(脱獄)して使っていた.

  

2010年 iMac(27インチモニタ,Mid 2010 2.93GHz IntelCore i7)
デジカメの高画素化により画像処理が非力となったminiに変わり,最新のMacを購入することとした.

  

2010年 MacBook Air(11.6インチモニタ,Late 2010 1.6GHz IntelCore 2 Duo)
2008年ジョブズが茶封筒から取り出したのは紛れもないノートパソコン.衝撃的なプレゼンで今での語り継がれている.その後11インチモデルがラインナップされた.価格もずっとリーズナブル.
※サイズ 30×19×0.3-1.7mm 1.06kg

  
2010年 iPad発売
  

2011年 iPhone 4S(3.5インチディスプレイ,32GB,キャリア/ソフトバンクモバイル)
3GS,4と2機種スキップしての買い換え.
※サイズ 115×59×9.3mm 140g

  
2011年8月24日 Steven Paul JobsがCEO引退,Timothy Donald CookがCEO就任

 

2011年10月5日 Steven Paul Jobs死去 
 膵臓腫瘍転移による呼吸停止 56歳

  

2012年 iPad(Retina9.7インチディスプレイ,A5X,32GB,Wi-Fiモデル)
iPadも第3世代.高解像度のRetinaディスプレイを採用している.
出先でのネットチェックはiPhoneからiPadに変わった.やはり画面が大きいのはいい.
※サイズ 241×186×9.4mm 652g

  

2014年 iPhone 6(4.7インチディスプレイ,A8チップ,64GB,キャリア/au):現使用機種

今回Appleは2サイズのラインナップ.4.7インチディスプレイのiPhone 6,5.5インチのiPhone 6 Plus.4Sからの買い換えでiPhone 6を選択した.(3.5インチからなので)ちょっと大きめのディスプレイとなるが,手に取ると結構大きく感じる.(解像度1334×750ピクセル)
デザインも一新.4Sのデザインは気に入っており,6の丸味を帯びたデザインはどうかなと思っていたが,結構持ちやすく格好もいい.ただ背面のカメラ部分が出っ張っているのはやはり頂けない.
タッチパネルの反応も良く,アプリの反応スピードも高速になった.4Sからは大幅パワーアップだ.その上バッテリーの持ちもよくなっている.
※サイズ 138.1×67.0×6.9mm 129g

  

2015年 iMac(27インチRetina 5Kモニタ,Late2014 4GHz IntelCore i7):現使用機種

5年経過したiMac(Mid2010)の調子が悪い.はじめソフトだろうとOSを入れ替えたりしていたが,やはり調子が出ない.ディスクユーティリティでチェックするとHDに修復不可能な問題が発生との返事が返ってきた.HD入れ替えればいいのだが,思い切って買い換えへ.
奮発して5Kモニターモデルに,CPUもグラフィックカードもアップして,ドライブは3T.結構な出費となった.
でも,やっぱり新しい機種は早くていい.本体も薄くなった.ただSDカードスロットルが背面に移動してしまい扱いにくい.結局カードリーダーを別にケーブル経由で接続して使っている。 

 
2015年4月 Apple Watch発売
 

2016年 9.7インチiPad Pro(A9Xチップ,256GB,Wi-Fiモデル):現使用機種

 iPadのホームボタンが壊れた.当初買い換えの必要性はあまり感じなかった.最近はネットチェックぐらいにしか使っていないのでiPhoneで十分だ.
もう一つ買い換え時期のMacBookAirは一向にRetina化しない.MBAir自体ラインナップから消えMacBookに統一される噂さえある.軽く薄く下位CPU搭載のMBと高性能でちょっと重いMacBookProの2ラインナップとなる.MBAirは旅行先で写真データーのバックアップストレージとして使っている.逆をいえば旅行の時しか持ち出さない状態だ.ちょっとは写真も見たいので非力のMBでは物足りない.MBProはちと重い.
 
今回発売の9.7iPadProは現在使っているMBAirよりCPUパフォーマンスは上.ストレージも256GBがあり,写真データーのストレージとしてどうにかなりそうだ.純正キーボードも発売され使いやすい.何より軽い.旅行以外の普段使いでも使用機会が増えそうだ.
 
これで今までの普段使いiPadと旅行用MBAirをこのiPad Pro一台に統一できた.その第一印象だが,とにかく軽い.ディスプレイが綺麗.きびきびした動作.申し分ない.
 ※サイズ 240×169.5×6.1mm 437g