2002年12月4日アフリカからオーストラリアで皆既日食がみられた.皆既日食を見るのはこのときがはじめてであった.観測地はオーストラリアのCedunaという海岸沿いの小さな田舎町.South Australiaの州都Adelaideからバスで約10時間ほどかかる.多くの人が観測に集まっていたが,日本人が一番多かったのではないだろうか.街には全員を収容できるホテルはなく,日本人用に街のグランドにテント村が作られた.

当日青空はみえるが,雲塊が多く浮かんでいた.日食が開始になっても雲が多く,時折太陽が雲に隠れてしまう.しかし奇跡的に皆既が始まる直前から雲が減り,皆既中はちょうど雲の切れ間で,最後まで観察できた.
今回の皆既は30秒と短いもの.撮影するのに忙しかった.それでも初めて見た日食は感動的であった.皆既中は辺縁の赤いプロミネンスが美しく,その周辺は緑色に輝いているようにみえた.(周りの人に聞いたが緑色の光が見えたのは2人だけで,他の人にはそんなことはないといわれた.)

皆既日食はゲゲゲの鬼太郎の背景画に出てきそうな黒い太陽のようだった.そしてすごく近くに感じられ,海の上に浮かんでいるようにもみえた.古来,不吉な現象といわれてきたのがよく分かる.

日食の撮影は露出が難しい.今回初めてなので,事前に計算はしておいたが,皆既の持続時間はたったの30秒という短いものであり,途中からの露出時間の記録ができていない.(思った以上暗くなりメモがとれなかった.)

撮影データ(写真はトリミング済み)
機材:EOS-5 EF300mm/F4.0L+Extender1.4×
フィルム:E100VS
撮影条件:シャッタースピード,絞り,使用フィルタ,時間(現地)

最後の写真のみ
機材:OM-2N 40mm/F2
フィルム:E100VS

つぎは2009年7月22日,日本のトカラ列島に見にいくぞ!

1/4000, F22, ND400+ND8, 18:20

1/2000, F22, ND400+ND8, 18:20

1/500, F22, ND400+ND8, 19:14

1/2000, F22, ND400+ND8, 19:21

1/1000, F22, ND400+ND8, 19:26

1/1000, F22, ND400+ND8, 19:30

1/1000, F5.6, no filter, 19:40

1/1000, F5.6, no filter, 19:40

1/1000, F5.6, no filter, 19:40

1/1000, F5.6, no filter, 19:40

1/1000, F5.6, no filter, 19:40

?, F5.6, no filter, 19:40

?, F5.6, no filter, 19:40

?, F5.6, no filter, 19:40

?, F5.6, no filter, 19:40

AUTO, F5.6, no filter, 19:40    クリックで拡大します