発売日
2013年11月15日
画像素子
有効画素数約2430万画素・35.8×23.9mm Exmor CMOSセンサー
処理エンジン
BIONZ X
ISO感度
(拡張50〜)100〜25600(マルチショットNR〜51200)
シャッター
1/8000〜30秒・B
測光方式
マルチ(評価測光),スポット測光,中央部重点測光
測光範囲EV 0〜20
露出モード
AUTO,プログラム,シャッター優先AE,絞り優先AE,マニュアル
AF
ファストハイブリッドAF(位相差AF:測距点117点/コントラストAF:25点)
連続撮影速度
2.5コマ/秒,速度優先時5コマ/秒
最大撮影コマ数 RAW約30枚
動画機能
あり(フルハイビジョン対応)
ファインダー
内蔵EVF(236万ドット,倍率0.71倍)
モニター
3型液晶モニター(92万ドット).可動式
記録媒体
メモリーステックDuo,SDHC/SDXCカード(UHS-I対応),Eye-Fiカード対応
サイズ
126.9(W)×94,4(H)×48.2(D)mm
416g(本体のみ)・474g(バッテリー,メモリーカード含む)

Canon EOS,μ4/3,そして第3マウントとなるSONYのミラーレスシステム.
 
現状ではEOSとμ4/3の2マウント体勢で十分なのだが,あくまでもオールドレンズで遊ぶために購入した.そのためSonyで本格的にレンズをそろえるつもりはない.

同時に発表発売になったα7Rと迷ったが,高画素数になればなるほど手ぶれの影響が出やすくなるし,ファイル容量も大きくなる.6万円の価格差も大きい.もう一つの違いはローパスフィルターの有無.α7はフィルターを搭載している.しかし最近はローパスフィルターの効果は弱めにする傾向で解像感も十分.この点についてはあまり気にならなかった.

またAFも像面位相差センサーも搭載したハイブリッドAFのα7のほうが早そうだ.マウントアダプターでEOS EFレンズをAFで使ってみたい.迷わずα7を購入した.

背面ボタン発売前のリーク写真がネットに流れた時からデザインについては否定的な意見が多かったようだ.実機を手にとってみると…やはりいまいちなデザイン.直線を基調としたデザインは最近のなで肩ではなく好感を持てるが,どうも好きになれない.嫌いというほどでもない.徐々に慣れてきたのか,使い込んでも愛着は湧かないだろう.やはり道具は持っていて楽しくなくてはいけない.その意味でもデザインは重要だと思う.

大きさは普段μ4/3を使っているせいか,それほど小さいとは感じないが,フルサイズセンサーを搭載していることを考えれば,とにかく小さく軽いカメラだ.

外装はマグネシウム合金だが,塗装にもよるだろうが,どうもプラスチックのように見えてしまう.もうちょっと高級感ある質感にできなかったのかな.残念.このデザインなら思い切ってシルバーボディの方がいいかも.
細かなところではペンタ部分のSONYは自己主張しすぎのようだ.黒く塗りつぶしたい気分だ.ペンタ上のアクセサリシューはシルバーだ.折角なのでここは黒くして欲しかった.

シャッターボタンの位置が…シャッターボタンはグリップの上面ではなくボディ上面で,実際構えたとき奥まったところになる.この点は絶対グリップ上面にあった方がいいと思う.見た目のデザインを優先したためだろうか.残念.

ダイヤルもやや操作しにくい.特に後ダイヤル.E-M1では構えたときちょうど親指がくるところに後ダイヤルがあり,自然と操作しやすい.α7ではやや奥まったところにある感じだ.あと数mm出ていれば操作性は断然よくなるだろう.
ボタン類についても若干操作しづらい.特にMENUボタンとC2ボタンは奥まったところにあり押しにくい.また背面のコントロールホイールの位置も低すぎる.

もう一つボタンでいうとレンズリリースボタンの位置が悪い.なぜあんなところに設置したのか理解に苦しむ.右指で押させようとしているのだろうが,α7では大柄のグリップがあり,大きめのレンズを装着したら窮屈で押しにくくて仕方がないだろう.

EVFは後方に飛びだしている.ファインダーは見やすいが,情報表示はE-M1のほうが若干見やすく感じた.EVFのメリットとしては撮影設定の効果を直接モニターで確認できること.露出補正などでは非常に便利だ.さらにマニュアルフォーカスでは拡大表示できることも便利だ.拡大表示はメニューから設定するのだが面倒なのでC1ボタンでカスタマイズ設定した.1度押すと拡大モードとなり,もう1度押すと低倍率の拡大画面,次は高倍率の拡大画面となる.さらにもう1度押すと通常画面に戻る.またシャッター半押しでも解除される.拡大画面でピント合わせをして,すぐ構図確認後シャッターが切れるのは便利だ.

EVFの表示タイムラグについては公表されていないようだ.しかしスナップなどでは全く気にならない程度.このカメラで鳥の写真を撮る予定はないので気にならない.

シャッターボタンの感触も良い.ストロークはE-M1と比較するとやや深い感じだが,それほど気にならない.ネット情報ではレリーズタイムラグは0.02秒だそうだ.ただ電子先幕シャッター使用時の話.

通常のモードではシャッターをきるとカシャカシャと明らかに2回動作しているような音がする.シャッターを押した後に一旦シャッター幕が閉じ,再度開いて露光する.全体的にモッサリした感じでタイムラグも大きそうだ.
電子先幕シャッターはONの場合,高速シャッターをきると画面に明暗のムラができることがある.

AFについては純正レンズを持っていないので評価できない.また画質についても純正レンズはないので旧レンズでの撮影となりセンサー性能を十分発揮しているか疑問なところがある.今後純正の最新レンズを購入することがあれば,その際改めて評価したい.