発売
2011年10月14日
画像素子
800万画素・1/3.2型裏面照射型CMOS
レンズ
4.28mmF2.4(5枚)・35mm判換算35mm相当
最短撮影距離
7cm*
ISO感度
64〜800*
シャッタースピード
1/15*〜
測光方式
分割測光
露出モード
プログラム
動画機能
あり
フラッシュ
LEDフラッシュ内蔵
モニター
3.5インチ
サイズ
58.6(W)×115.2(H)×9.3(D)mm・140g

*:実測による
 
当然だがiPhoneのカメラも代を重ねるにしたがい性能がアップしている.iPhone3Gから4Sへの機種変更なのでその画質の違いにはビックリだ.

iPhone4Sの内蔵カメラのスペックについてはAppleは詳細を発表していない.上記のスペックは実写から得た値も含む.画素数は800万画素.これは公表値だ.画像サイズは2448×3264ピクセルとなる.センサーサイズはネットからの情報で1/3.2型でSONY製とある.

レンズはiPhone4よりやや明るいF2.4.実写しExifデータを見るとF2.4固定のようだ.最短撮影距離は実写でレンズ前面から約7cmだ.ちょっとした草花の撮影には十分だろう.
光学ズームはない.ピンチアウトでデジタルズームが可能.ただし画質は悪化する.

露出に関しては分割評価測光でシャッタースピードは1/15以上.高速側は不明だが,ネット情報では1/11111とも.また実際の撮影ではExifデータで1/55556という値が表示された.これにはちょっと?

シャッターはタッチパネルのアイコンをタッチ,もしくはボディ横のボリュームボタンの『+』を押し込む.ただ本来カメラではないので当然だがホールディングしづらく,シャッターもタッチしづらい.手ぶれには注意が必要だ.

画質は予想以上にいい.コンパクトデジカメといい勝負.いやマイクロフォーサーズ機(Panasonicセンサー)といい勝負かも.露出も問題なく,発色は落ち着いた感じでコンパクトデジカメとデジ一眼の中間のような感じだ.

作例(縮小)