フルサイズミラーレスカメラのα7が発売された.オールドレンズをマウントアダプターでつけて遊ぶ目的で購入した.しかし最新のレンズも使ってみたい.純正レンズでAFでバリバリ撮ってみたい.我慢できずに標準単焦点を購入した.しかし物欲が止まりそうにない.性懲りもなくレンズ地獄にはまってしまいそうだ.

CarlZeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

レンズ構成
5群7枚
最小絞り
22
絞り羽根枚数
9枚
最短撮影距離
0.5m
フィルター径
49mm
サイズ
64.4(D)×70.5(L)mm・281g

とうとうα用純正レンズに手を出してしまった.一眼レフ用標準レンズと比較すると全長が長めに感じるがフランジバックの距離を考慮すると同じぐらいだろうか.FF対応にしてはコンパクトだ.

AFはまあまあ,普通といった感じ.特別早い感じではない.もちろんカメラ側の要因もある.
画質はクリアでシャープ.開放からしっかり芯のある描写.周辺画質もしっかり解像している.周辺光量の低下も気にならない.F値も1.8と抑え気味だし,ソフトで補正しているかもしれないが,開放から安心して使える優等生タイプのレンズ.

ただ唯一の欠点といえば寄れない,全く寄れない.最短撮影距離が50cmもあり,テーブルフォトには不向き.この一点がとにかく残念だ