本棚を整理していたら米谷美久著の『「オリンパス・ペン」の挑戦』,『一眼レフ戦争とOMの挑戦』が出てきた.久しぶりに読んだ.ともに開発秘話的な内容だ.
 
OLYMPUSとの出会いはOM-2から.その後XA,さらに中古でPen FT,Pen EE-3も購入した.すべて米谷美久氏の作品だ.自分にとってOLUMPUSとは米谷氏そのものであった.
 
OLYMPUSの歴史は1919年の高千穂製作所設立までさかのぼる.もともと顕微鏡および体温計製作メーカーであった.その後レンズ研究からカメラ製作を開始し,1936年セミオリンパスを発表した.その後国内初の35mm判カメラや35mm判カメラに初めて露出計を組み込んだり,国内初のレンズ交換式35mm判レンズシャッター機を世に出してきた.OLYMPUSは以前から他社に先駆けて独創的な製品を出してきた.そのOLYMPUSに1956年天才技術者・米谷氏が入社する.
 
米谷氏のカメラ作りは一貫して,既製品と同じものは作らない,自分が欲しいとか必要だとか思ったものを作る.実際写真撮影が趣味であった米谷氏の作るものはユーザーの視点に立ったもの作りといえよう.既製品と同じものはそれを買えばいい,欲しくてもどこにもないものは作るしかない.その結果,新しい独創的な発想で新しいものを作ることとなる.OLYMPUSの社風とも一致する.OLYMPUSと米谷氏の出会いがあればこそ,その後のカメラ史に名を残す名機誕生につながったと思う.
 
PenやXAは一見小さいだけと思われがちだが,そこにはカメラの普及という命題があった.そのためにはポケットに入るようなコンパクトさと女性でもとれるような気軽さ.それはまさにハーフサイズカメラであり,レンズやファインダーを隠すバリアカバーであった.
 
小さいだけではない.低価格にしなければ普及しない.コストダウンのための新技術が小さなボディに目一杯搭載されている.小さく安いから『おもちゃカメラ』と思われがちだが,レンズなどには妥協せず,さすがレンズメーカーである.『ライカのサブカメラ』として十分通用する.
 
今思えば米谷氏はまさに天才技術者であったことは誰もが認めよう.しかしこのPenシリーズの開発を任した当時は入社2年目の新米技術者である.その才能を見いだし,低価格カメラとはいえ開発を任せた上司も素晴らしい.こんな上司に恵まれた米谷氏が羨ましい.
 
続くOMシリーズも特徴は小さいだけかといわれそうだが,そのコンセプトは今までの一眼レフの三悪「大きい」,「重い」,「うるさい」からの開放であった.まさにユーザー目線から出た発想だ.しかし軽薄短小はマイナスイメージとして思われていた時代だ.社内でも揉めたであろうことは容易に想像できる.それ以上に新米のくせに次々とビックプロジェクトをこなす米谷氏へのひがみ,嫉みも大きかったであろう.その辺に関しては本の中では簡単に流している.
 
いくら天才的な技術者であっても,周囲からの声に押しつぶされ埋没してしまう者はいるだろう.そういった外からの声をものともしないような強い信念がなければ成功しない.天才的とはいえ20代,30代の新米社員をそこまで突き動かした信念とは何だろう.当時は高度成長期であり学生運動も盛んな時期であった.高度成長期のイケイケムードと学生運動に象徴されるような反骨精神が入り乱れる時代であり,何事にも活気のあった時代であろう.信念というよりか単に生意気や奴だっただけかも知れない.そう考えると生意気な天才をうまくコントロールした上司がえらかった.OLYMPUSという会社はそういった懐の深い人に恵まれていたのかも知れない.
 
話をOMに戻すが,この軽薄短小は実際市場で歓迎された.実際写真撮影する人は大きな重いカメラにへきえきしていた.何でも盛り込んだ頑丈で大きなカメラがいいと思い込んでいる,研究室に閉じこもっている技術者には分からないだろう.実際外に出て撮影して初めて気づく.ここが米谷氏の強みであろう.(もちろん他社にも写真撮影が趣味の人は沢山いると思うが,そういった技術者にやりたいようにやらせたOLYMPUSという会社は凄かった.)
 
デザインでも米谷氏の才能は発揮されている.今ではデザインは専門部門があり,そこが担当するのが一般的だ.むしろデザインが売り上げを左右することもあり,急成長のサムスンを初め,携帯電話メーカーのノキアもデザインに力を入れている.最近は日本の自動車メーカーもそうだ.カメラ業界ではCanonがルイジ・コラーニと共同開発したT90があり,現在のEOSシリーズにもその流れを感じることができる.デザインはそのブランドから会社のイメージまで左右することがある.
 
当時OLYMPUSもデザイナーを顧問に迎えていたようだ.しかし米谷氏の設計したカメラは米谷氏自身がデザインしている.そのため技術的な制約でデザインが台無しになることもなく,またその逆もない.まさにカメラのコンセプトとデザインが一致融合している.さらに撮影者としてのこだわりもあり,操作性も申し分ない.たとえばPenのシャッターボタンは独特な形状である.それは単にデザイン的な面白味だけでなく,軽く触れシャッターが切れる.さらにXAではフェザータッチとなり,ともに手ぶれがしにくくなっている.
 
デザインだけ見ても素晴らしい.OMシリーズなど当時の他社カメラと比較して洗練されたデザインで,とにかく「格好いい」.今のカメラと比較しても引けをとらない.とにかく持っていて嬉しくなるようなデザインだ.
 
ここまで見てくるとPen以降のOLYMPUSのカメラはまさに米谷氏そのものである.そこには独創的な発想で,今までにないカメラがあった.その後のOLYMPUSはどうだろう.米谷氏が第一線を退いたのは1990年前後であろう.(1992年常務,1996年顧問就任)この頃業界では1985年α-7000が発売され,1986年F-501,1987年EOSとNikon,CanonもAF化へ.さらに1995年E2,DCS3などデジタル化の幕が上がる.米谷氏が抜けた穴は大きかったのだろう.OLYMPUSはAF化,デジタル化は大きく遅れることになる.もし米谷氏が開発の第一線にいたらOLYMPUSを取り巻く状況も変わっていただろう.
 
米谷氏の後継者は?米谷氏自身,自分の後継者となるような技術者を育ててこなかったのだろうか.育てること自体無理だったのかも知れない.なにせ米谷氏は「天才的」技術者である.天才は育てようと思って育てられるようなものではない.さらにいえばカメラ開発に関して米谷氏に依存しすぎてきたことが仇となった.技術だけでなく,そのカリスマ性は追随を許さなかったのかも知れない.
 
しかし米谷氏と一緒に仕事をしてきた技術者の多くは米谷氏の影響を受け,マイタニイズムを継承していると思う.一時AF化,デジタル一眼レフで出遅れた感じがあったが,その後のカメラ開発ではダストリダクションシステム,ライブビュー,チルト式モニターなど独創的なアイデアで他社を牽引してきている.
 
フォーサーズ規格そのものもマイタニイズムの一つと思える.既存のシステムにこだわり画質低下を招くことなく,デジタルとして最良の画質を得るためのシステムだ.妥協せず最良のものを求める姿勢はマイタニイズムといえよう.ただし最良の画質を実体験するのにはE-5まで待たなくてはならなかった.自前でセンサーを製造しなかったことがマイナスになった.もし米谷氏が開発最前線にいたなら納得のいくセンサーを自前で作ろうと言い出しただろう.
 
その後鳴かず飛ばずが続き,家電メーカーに主導権をとられ,少し寂しい感じがする.現在の現役開発陣には米谷氏の業績を知らず,米谷氏と一緒に仕事をしたことがない若者が多いのではないだろうか.普通のサラリーマン技術者.もちろん会社も大きくなり,昔のように新米技術者にカメラ設計を任せるほど融通は利かなくなっているだろう.ただマイタニイズムがだんだん薄れていくように感じた.
 
その後E-5が出たときは他社のお下がりセンサーを使いながら今までにない解像感の高画質を実現しOLYMPUSの底力みたいなものを感じた.まだマイタニイズムは細々とではあるが継承されていると確信した.ちょっと気になるのが新社長だ.ヨーロッパの医療機器の営業畑出の人物のようだ.もの作り,特に日本的もの作りが理解できるだろうか.ストリンガーSONYのようにもの作りができないメーカーになってしまわないか心配だ.今は細々としたマイタニイズムだが,絶やさず復活させ,今後さらにOLYMPUSらしいカメラが出てくることを期待したい.
 

-Jul.2011