photokina 2008

2年に一度の写真関連の世界最大のイベント,フォトキナ2008(photokina 2008 world of imaging)がドイツで9月23日から開催された.多くのメーカーは開催前に新製品を発表し,一部の機種に関してはすでに日本のショールームで先行展示されている.そういった点ではちょっと盛り上がりに欠けた感じもある.それでもOLYMPUSのマイクロフォーサーズのモックアップ展示やLeicaのSシステムなどサプライズもあった.28日で閉幕となり,個人的に気になった新製品についてまとめてみた.

OLYMPUS

OLYMPUSのマイクロフォーサーズのカメラのモックアップは個人的には期待通りのカメラだ.往年のPenFを思いだす.大きさ的にもDP1に変わるお散歩カメラとして期待している.ただ開発者のインタビュー記事によると手ぶれ補正機構は搭載しないらしい.フォーサーズサイズのセンサーには手ぶれ補正機構を搭載すべきだ.またモニターは屋外でもよく見える高精細なモニターが欲しい.ダストリダクション,外付け高性能LVF(ライブビューファインダー),内蔵フラッシュも欲しい.最終製品機にどこまで搭載してくるか期待したい.また1号機には無理にしても,次機には少し大きくなってでも,これらの機能を搭載したものを出して欲しい.

レンズはマウンドアダプターでフォーサーズのレンズも使える.ただコントラストAF対応のレンズしかAFが使えないと思われる.レンズのファームウェアのアップデートで対応できないのだろうか.可能ならこのカメラで8mm魚眼から300mm超望遠まで使ってみたい.

同じマイクロフォーサーズでもPanasonicとは全く味付けの違うカメラだ.この辺は明らかに考え方の違いが出ている.Panasonic機はあくまでも“一眼レフ”と対等の“一眼”というカテゴリーを考え,他社一眼レフと同じ土俵で戦うようだ.対してOLYMPUSは“一眼レフ”はあくまでもフォーサーズ機,マイクロフォーサーズ機は一眼レフとコンパクトデジカメの間の新しいいカテゴリーと考えているように感じる.OLYMPUS機は一眼レフユーザーがサブカメラとして購入するだろうが,一眼初心者が最初に購入するカメラではないだろう.またコンパクトカメラユーザーがさらに高画質のカメラを求める場合も,いわゆる“一眼レフ”として他機を購入するだろう.一眼レフユーザーはOLYMPUS機の魅力を十分理解しているだろうが,初心者を中心としたユーザーには伝わりにくい(ある意味中途半端に感じてしまうだろう)カメラといえよう.

以前から噂のE-2桁機は中級機タイプDSLRとして開発の発表があった.一部のOLYMPUSユーザーの間で待望されていたE-300系スタイルではないのが残念だ.

Leica
何とフルサイズより大きいフォーマットがLeicaから出るとは予想外であった.フォーサーズとは決別するのではないかと言われてきたが,せいぜいフルサイズの新マウントシステムもしくはRシステムもデジタル化だろうと思っていた.Sシリーズは30×45mmとフルサイズより56%大きい.仕様や同時発表のレンズ群からしてスタジオ写真を中心に考えられているようだ.値段もとんでもないらしい.アマチュアには高嶺の花だ.

ンジファインダー機ではM8のマイナーチェンジM8.2が出た.基本仕様はあまり変わらないようだ.やはりM型のデジタル版ではフルサイズは無理なのだろうか.一方レンズは高スペックのものを出してきた.マウントアダプターでマイクロフォーサーズカメラに着けられないだろうか.

Canon
5DMKIIの気になる点は連写速度が3.9枚/秒と何とも中途半端である.D3やD700と比べ遅い.有効画素数の違いもあるだろうが,α900でも5枚/秒を達成しているので言い訳はできないだろう.鳥の撮影では最低5枚/秒の連写は欲しい.有効画素数を1500万画素程度に抑えてでも連写速度を上げて欲しかった.2000万画素以上はアマチュアには宝の持ち腐れ.メモリーも食うし,画像処理も大変だ.デザインも何か1Dシリーズのものを中途半端に踏襲した感じだ.モードダイヤルの突出はこのデザインに合わない感じがする.1Dシリーズのなで肩デザインにこだわるならボタン操作にすべきだし,モードダイヤル式を採用するならデザインを根本から練り直すべきだろう.

このカメラの販売ターゲットがよく分からない.元気なNikonに対抗することばかり考えて,こんなてんこ盛りカメラができましたといった感じか.しかし何か周回遅れといった感じだ.技術的にはすばらしいものかもしれないが何かしっくりこない.それだけCanonへの期待が大きいということであるが,どうも最近のCanon製品には魅力が欠けている感じがする.

噂ではあるがCanonの技術者は画期的なセンサーを開発中であったが,マーケティング部門の指示で画素数競争を優先させられたらしい.最近のCanonのマーケティングは何か狂い始めている感じだ.もっとユーザーの求めているものを出して欲しい.

50Dは基本性能のアップに重点が置かれると思う.今回のモデルチェンジも地味ではあるが確実に性能アップしたといった感じだろう.どうでもいいことかもしれないが何故かモードダイヤルがシルバーに変更されている.好みの問題と思うが黒の方がいいと思う.

純正レンズも24mm以外発表はない.レンズ内手ぶれ補正機構を積んだレンズの多くは古くなり,ほとんどその効果は2段階程度.4〜5段階の効果を謳っている最新モデルと比べると古さを感じる.どんどんバージョンアップして欲しい.いっそボディー内手ぶれ補正搭載ボディも開発し,ハイブリッド手ぶれ補正(レンズ内とボディ内とで効果の大きい方を自動的に判別し作動する)のようなものを開発してほしいと思っている.

SONY
ついにフルサイズα900が出た.有効画素数約2460万画素,フルサイズセンサーで初のボディ内手ぶれ補正機能,最高級の光学ファインダーと意欲的なカメラだ.外観の特徴はあの三角ペンタデザインだ.フィルムカメラの頃から一眼レフユーザーには懐かしくも感じるデザインだろう.目新しい新機能を搭載してはいないが基本性能を向上させた真面目なカメラと行った印象だ.(あまりにも正統派のカメラなのでSonyらしくないといった印象もある.)
ミノルタ-ソニーの一眼レフは個人的にあまり好みではなかったがα900の出現ですこし考えが変わってきた.ただ望遠レンズは300mmまでしかなく,バードウオッチングやスポーツ写真には十分とはいえない.レンズとくに超望遠レンズの充実が待たれる.

Nikon
最近元気なNikonが出してきたのが動画撮影も可能なD90.果たして一眼レフに動画撮影機能が必要か疑問もあるが,できないよりかはできた方がいいか.基本性能的にはD80の後継機というよりD700のセンサーをAPS-C判にし,さらに全体をコンパクトにした機種といった感じだ.D3などのサブカメラとして需要があると思われる.D90の出現によりD300の影が薄くなったのでは?
ところでphotokinaとは直接関係ないがデジタル一眼マニアックをみていたらNikon WatchというサイトにD90の動画サンプルがアップされているという.サンプルは別に珍しくないが,ゼリー化現象というものらしい.決して耐震強度不足の建物ではないようだ.

すこし前になるが7月に発売されたのがD700.D3に続くフルサイズ機だ.D700は基本性能はD3のものを引き継ぎながら,コンパクトボディを実現した.さらにダストリダクション,内蔵フラッシュなどD3にはない機能も搭載している.価格を考慮すると現時点で最強のNikonフルサイズ機とも思える.

Panasonic
個人的にはちょっと期待はずれのG1.全体のデザインがチープだ.LVF(ライブビューファインダー)を内蔵し,その部分のデザインはいわゆる一眼レフのペンタプリズムの出っ張りの様だ.この部分のデザイン処理をもう少し考えて欲しかった.もっともメーカーとしては販売戦略上,ユーザーの持つ一眼レフイメージを意識して意図的にこのデザインにしたと思われる.

SIGMA
正式にDP2が発表された.基本的にはDP1を継承しつつレンズに24.2mm F2.8 レンズ (35mm 版カメラ換算 41mm 相当の画角)を搭載した.また画像処理エンジンも新開発のようだ.書き込み速度などはどうなのか興味のあるところだ.今回開発発表で発売日など未定のようだ.今までのSIGMAの開発スピードから言うと発売は相当先になりそうだ.その間に設計の変更などあり,センサーも高画素数のものになるかもしれない.さらにDPシリーズを発展させマイクロフォーサーズ機でも出してくれないか期待したい.

レンズでは24-70mmF2.8 EX DG HSMが非常にコンパクトで期待している.Canon純正の24-70mmF2.8Lと比較してとても短い.普段着けて散歩するにはちょうどいいと思う.是非5DMKIIに装着してみたい.

PENTAX
PENTAX担当者のインタビュー記事でPENTAXは今のところフルサイズ機は検討しているが具体的な開発は始めていない.むしろ優先順位として645デジタルの方を上に考えていて,現在は一時的に開発中断しているが,そろそろ再開するようなニュアンスの話だ.LeicaのSシリーズとともに今後はフルサイズより大型のフォーマットが時代の潮流となるかもしれない

FUJIFILM
富士フイルムはPIE2008などで展示していた中判フィルムカメラのスペックを発表したようだ.画面サイズは6×7cm,6×6cmの切り替え式,レンズは80mmF3.5,パララックス自動補正ファインダーを持つ.露出系は中央重点式測光,絞り優先およびマニュアル露出,シャッタースピード1/500〜4秒,B.今フィルムカメラを出してくるとは富士フイルムに拍手を送りたい.とくにスクエアフォーマットには惹かれる.makinaからの乗り換えも検討したい.

-Sep.2008